自己破産制度の基本となる法律である破産法 […]

自己破産制度

自己破産制度の基本となる法律である破産法は、大正11年に制定され、平成17年1月1日には、破産の手続きを簡素化し、迅速な対処が図れるよう改正されました。

多額の借金等によって、債務者が経済的に破錠してしまい、努力をしても支払不能であることが裁判所に認められると、自己破産が成り立ちます。

自己破産を申し立てることができる裁判所は、債務者本人の住所地を管轄する地方裁判所となります。

自己破産すると、借金の支払い義務が免除されますが、必要最低限の生活費と財産以外は、換価されて失うことになります。

自己破産の申し立て件数は、バブル崩壊、長引く不況、そして失業率の上昇により、平成15年にピークに達し、その後は徐々に減少傾向を見せています。

しかし、消費者金融が増加して利用しやすくなったことや、定職をもたないフリーターが増えていることから、再び自己破産数が増加するのではという見方をする専門家もいるようです。

今回記事の参考にさせて頂いたサイト:http://sororityrowmovie.com/